【2022】DATファイルの開き方と変換する方法

動画究極変換を無料体験しましょう~

.datは、ファイル全体に使用できる汎用的な拡張子で、あらゆる種類のファイルやアプリケーションに使用することができます。一般的にDATファイルは、CD/VCDのビデオファイル、メール添付用のwinmail .datファイル、通常のデータファイルです。DATファイルには、特定のアプリケーションに関連しない様々な種類があり、したがってDATファイルを開くために必要なソフトも様々です。ダブルクリックで開くことはできません。では、これらのDATファイルを開いたり、他の端末で再生したりするにはどうすればよいのでしょうか?この記事では、DATファイルの開き方だけでなく、DATファイルを簡単に変換してパソコンや通常のプレーヤーで再生するためのソフトも紹介しています。

目次

DATファイルの開き方

「.dat」拡張子のファイルを開くには、作成した時の形式でファイルを扱えば、正しくファイルを展開することができます。つまり、DATファイルを開く前に、どのプログラムで作られたかと明確にされたら、そのプログラムでファイルを展開すればよいです。

またOutlookでメールを作成して送信する際、「winmail.dat」というファイルが添付されている場合があります。受信側がOutlook でないとその中身を確認できません。この場合では、winmail.dat変換ツールを使えば容易に展開できるようになります。

同様に、winmail.dat以外のビデオ・オーディオDATファイルを再生するには、動画変換ソフトを利用して、MP4などの汎用性が高い形式に変換さえすればスムーズに再生できます。「.dat」拡張子のファイルは圧縮ファイルではないため、解凍ツールでDATファイルを解凍する必要がないです。

DATファイルを変換する方法

DATファイルを開いて利用するには、変換ソフトを使ってDATファイルをビデオやオーディオの通常フォーマットに変換し、これらのビデオ/オーディオファイルをいつでもどこでもパソコンやその他の端末で開くことができるようにすることができます。以下では、DATファイルを変換方法でMP4、MP3などに変換できるソフトを3つ紹介します。

DATファイルを変換できるフリーソフト1

対応OS: Windows/Mac

VideoSolo 究極動画変換」はDAT、MP4、AVI、MKVなどの300以上の動画・音声形式を相互変換、編集と増強などの機能を一つに結合するソフトです。iPhone、iPad、スマホなどのデバイス専用形式もサポートしています。操作がとても簡単なのに高性能なところには注目をたくさん集めます。さらに、複数の動画を一つのファイルにして高画質で出力することもできます。完全フリーソフトではありませんが、30日間の無料利用を提供していて、「.dat」拡張子のファイルを開けない時に 「VideoSolo 究極動画変換」 でDATファイルを変換してみましょうか。

「VideoSolo 究極動画変換」 の基本的な使い方は下記のビデオをご覧ください。

さて、 「VideoSolo 究極動画変換」 を利用してDATファイル変換の詳しい手順について紹介していきます。

ステップ1、変換したいDATファイルをロードする

ソフトの上側にある 「ファイルを追加」 ボタンでパソコンから変換したいDATファイルを選択して、DAT動画が画面に表示されます。

ファイル 追加

ステップ2、変換しようとするフォーマットを選択する

それから、右上にある「出力形式」で出力メニューが出てきます。出力メニューの中にビデオ、オーディオやデバイスを含めて、DATファイル変換に対応の様々なフォーマットがあります。お好みにより変換しようとする形式を選んでください。オーディオファイルはMP3、ビデオファイルはMP4に変換することを推薦します。

出力形式 選択

ステップ3、DATファイルの変換を始める

最後に、 「保存先」 で出力ファイルの保存場所を設定してください。設定ができたら、 「変換」 ボタンをクリックしてDATファイルの変換が始まります。変換が完成したら、デバイスに対応するフォーマットに変換したため、DATファイルを開くことができます。

すべて変換

VideoSolo 究極動画変換」はファイル変換や編集をまとめて専門的な変換ソフトとして操作は非常に簡単なので、開けないDATファイルをMP4、MP3などの動画・音声に変換したい初心者に強くおすすめします。DATファイル変換のみならず、変換した動画がより素晴らしく再生するために動画を編集したいなら、このソフトは効果、クロップ、カット、結合、ウォーターマークなどの様々な機能も備えています。

DATファイルを変換できるフリーソフト2

対応OS: Windowsのみ

お薦めの二番目は人気があるDATファイル変換ソフト「Freemake Video Converter」です。このソフトはDATなどのファイル変換、動画編集、DVDへの書き込み、写真スライドショー作成も簡単にできます。また、YouTubeクリップから音声か字幕を抽出することが可能です。

「Freemake Video Converter」でDATファイルを変換する手順

  • ステップ1、DATファイルを追加します。
  • ステップ2、変換するフォーマットを選択します。
  • ステップ3、出力ファイルを保存するフォルダを設定し、変換ボタンをクリックします。
freemake dat変換

旧バージョンはフリーソフトだったが現在は制限のある試用版になって、DATファイルを変換できますが無料版は動画全編にウォーターマークが入り、処理速度も大幅に制限されています。この点を気にする方はウォーターマークなしに高速でDATなどのファイルを変換できる「VideoSolo 究極動画変換」を利用しましょう。

DATファイルを変換できるフリーソフト3

対応OS: Windowsのみ

お薦めの三番目のDATファイル変換ソフトは大好評を博すフリーソフト「XMedia Recode」です。「XMedia Recode」はかなり効率的にDATファイルを動画や音声への形式変換が対応可能です。また、元DATファイルの画質をそのまま変えずに変換できます。さらに、画面も簡潔で初心者でも簡単にDATファイルを動画・音声形式に変換できます。

「XMedia Recode」でDATファイルを変換する手順

  • ステップ1、フォルダを開き、変換したいDATファイルを選択します。
  • ステップ2、設定オプションで 「カスタム」 を選択します。
  • ステップ3、出力形式を選択し、変換します。
xmedia-recode dat変換

XMedia RecodeではDATなどのファイルを複数追加し、個別に設定して変換することは可能ですが、ファイルの結合はできません。複数のDATなどのファイルを変換して一つの動画に結合するつもりがあれば、「VideoSolo 究極動画変換」を使うことがおすすめです。

以上はDATファイルを動画・音声に変換するフリーソフトのご紹介です。紹介のどおり、三つのソフトとも専門的な変換ソフトです。多機能と変換スピードを求めれば、やはり 「VideoSolo 究極動画変換」 を利用したほうがいいと思います。

DATファイルについてFAQ

DATファイルは開けない原因

DATファイルは、ファイル形式・拡張子の一つだが、標準化されたデータ形式ではなく、 アプリケーション独自の形式で保存されたデータのファイル名の拡張子などによく使われます。通常、DATファイルと言えば、ビデオCD/VCDディスクのビデオファイル、電子メール添付ファイルの「winmail.dat」ファイル、一般的なデータファイルのことを指します。その中、ビデオ・オーディオDATファイルは特殊なコーデックを含むため、大部分のデバイスと互換性がなくて、MP4、MP3などの動画・音声形式に変換したいと多くのビデオプログラム或いはデバイスで開けられなくて再生できません。

DATファイルの種類

DATファイルには、Windowsレジストリファイル、 winmail.datファイル、「CADSUPER JX」、「CAD WING for Windows」の図面ファイル など、様々な種類があります。

DATファイルとWAVファイルの違う

DATファイルは、認識できない「使い回し」タイプのファイルです。WAVファイルは、オーディオファイルの一種です。WAVは通常、非圧縮PCMデータですが、必ずしも非圧縮PCMとは限りません。MP3、ADPCM、CCITT A-Lawなどの可能性があります。

まとめ

DATファイルの開き方と変換方法について説明します。今後、DATファイルをより活用できるようになります。また、datファイルは標準化されたデータ形式ではないので、変換する前にコンテンツの形式を確認してください。DATファイルを変換して、パソコンや他のプレイヤーで動画・音声ファイルを楽しみたい場合は、DATファイルだけでなく、OMA TSなど様々なフォーマットの変換ができる「VideoSolo 究極動画変換」の利用をおすすめします。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments